バリキャリしたいアラサー女子のブログ

29歳、独身OLです(^^)仕事多め、たまにプライベートでの悩みや日々の出来事を綴っていきます☆

付き合ってもうすぐ2年の歳下の彼氏について

f:id:sumsumsummer:20200917232527j:plain
こんにちは~クレアです♪

今日は彼氏について書きたいと思います。

プライベートについて書いても恋愛事情については書かない、と決めていたけど、歳下彼氏って周りで出会ったことほぼなくて結構珍しいのかも、ということを思い始めました。

ニーズがあるかわかりませんが、歳下彼氏ってどんな感じかとか、やっぱ歳上の方が良いのか、とかについて、つらつら書きたいと思います。

ちなみに私の場合は、6歳歳下です。私がアラサーなので相手はまだ社会人ホヤホヤです。。

出会い

出会いは...ペアーズです。
私は当時出会いを求めて、めちゃめちゃいろんな人とデートに行ってました。
でも、なかなか良い人とは会えませんでしたね〜。写真詐欺がいたり、親友が出来た〜と思ったらいきなりブロックされたり、いろいろありながら彼氏は15人目くらいで出会った人です。(笑)
マッチングアプリで彼氏彼女見つけたいなら、やっぱり根気は大切ですね〜w

なんで付き合ったか

出会った当時は前の彼氏と別れたばかりで、相手は6歳も歳下だし、これまで付き合ってきた人は歳上かタメだったしっていうことで、最初私は付き合う気はありませんでした。

でもとにかく可愛くて、母性本能がめっちゃくすぐられる感じで、可愛い子だなぁ〜ってお母さんみたいな目線で見てました。

付き合うきっかけは告白されて押しに負けたからなんですけど(笑)、当初は軽い気持ちだったしこんなに関係が続くとは思ってもなかったです!

彼氏の魅力

とりあえずかわいい
歳下の彼は、とにかく可愛いから何しても可愛いんです。故に何しても許せる。これがタメとか歳上だったら、期待が大きすぎてゲンナリしちゃうんだと思います。ほんと歳下ってすごいな〜って思います。1〜2歳下と6個下とでは程度にも違いはあると思うけどw

初めてキュンとしたのは、付き合う前に会う約束してて、その日クリスマスが近くて、相手からクリスマスプレゼント買っていってもいい?って聞かれた時。

彼を可愛がれるもう1つの理由は、めちゃめちゃ甘え上手だから。お互い家が遠かった時は声聞きたいな〜とか、早く会いたいな〜とか、ラインくれていました。基本GIVEなスタンスで、私が歳上彼女だからいろいろ頑張ってくれるんだけど、何しても可愛いんですよね。。抱きついてきたら、いつでもヨシヨシしますw


彼女想い
彼の最大の魅力は、彼女想いで優しいところ。離れて住んでる時は片道1時間以上かけて週3で会いに来てくれたし、ドライブ連れてってくれたり、デートの時もいつも行き先は彼女優先にしてくれます。外歩いてる時は寒くない?とか具合大丈夫?とかまめに聞いてくれるから、若いのに細かい気遣いが出来るな〜っていうところでもキュンキュンしちゃうんだと思います。もう、歳下ってこっちはいい意味で何も期待してないから、何かしてくれる度美化されて見えている気がします(笑)


褒め上手
これは年とかじゃなくて性格的な相性の問題かも。
私は自分に自信がないタイプなので、彼氏がすごく褒めてくれることで支えられています。言葉でちゃんと気持ちを伝えてくれたり、見た目やファッション、ネイルなども良く褒めてくれます。なので、自信も湧いてくるし安心して付き合えるんです!

歳上彼女であるが故の悩み

良いことばかりではなく、年の差故の悩みももちろんいろいろありました。。


歳下彼氏に弱みを見せられない

今は乗り越えたのですが、付き合って半年〜1年くらいは、彼氏は社会人1年目、自分は社会人経験も年ももちろん上である立場として、辛い時彼氏に相談したり頼ったりする気持ちになれず、溜め込んでしまっていました。6歳も離れていたら当然ですよね。意外と重い悩みで、頼れないということが理由で別れようか何度も悩みました。仕事でキツいときは友達や職場の先輩に話を聞いてもらいながらも、少しずつ彼氏にも話をしていこうと決めてから、徐々に気持ちが楽になりました。

でも私自身が社会人1年目、2年目くらいの時に付き合っていたら、辛すぎて別れていたかもしれません…

今彼と付き合っていられるのは、自分も社会で揉まれてある程度大人になって、自分の足で立てるようになったからだと思っています。


ちょっと子供っぽい

42歳と48歳の6歳差と、22と28の6歳差ってだいぶ違うくないですか?(笑)
やっぱりまだ、自分からみるとあぁ、子供だな〜って思うことが度々あります。
詳しくは書きませんが、嫌なことがあっても言葉で伝えずに態度で示したり、感情のコントロールが効かずにカッとなって悪口言ったり。

もちろん、食事にいく時も割り勘です。彼氏にはおごってほしい〜っていう考えは捨てました。でも、誕生日とか記念日にはめっちゃ頑張ってもらいます♪


結婚のタイミング。。。

これは毎回友達に必ず聞かれるやつ。
正直なところ、いい歳で周りは結婚しまくってますが自分は全く焦ってないし、子供欲しい願望も今はありません。私も今は仕事を頑張りたいと思っている。だから、気長に待っていられる。気長にといっても好き放題されたら困るけど(笑)これが30までには結婚したい!っていう感じだったら、間違いなく今頃破局してました。。というか元から付き合ってなかったかなぁ。



そんな感じで、喧嘩することもありつつもうすぐ付き合って2年です。
なんだかんだ歳の差カップルなんでお互いに新鮮で、気持ちが冷めないのかもしれません。
これからもお互い想い合っていけたらな〜と思います。

でわ、お疲れ様です( ´ ▽ ` )ノ

会社選ぶ基準、HSPは「環境」が全て!

f:id:sumsumsummer:20200719130502j:plain

こんにちは〜クレアです♪

 

今日はHSPの人間にとって、会社を選ぶ基準は環境が全て!という話をしたいと思います。

これは、転職を考えている人にも、退職を考えている人にも当てはまることだと思います。

 

この前、自分のHSPに関する記事を書きましたが↓

sumsumsummer.hatenablog.com

 

今回の記事でいいたいこと、

それは一言でいうと良く言われる、環境のせいにするな!という声を撥ね退けて、ワタシが一番イキイキと働くには、環境が大事なんだぞ!ということを主張したいから。

 

遡れば、新卒で入社した会社を辞めたとき。初めての転職のとき。

「今の会社は自分に合わない」、だから辞める、っていう姿勢は逃げだ!と同僚に非難されたことがあります。

 

そこでは3年半勤めたのですが、何度も辞めたいと思いました。よく同期に相談したり先輩に相談したりしていました。

 

仕事自体は楽しかったり、楽しくなかったり波がいろいろだったのですが、この会社でしっかり成果をあげたい!と新卒1年目のときから燃えていた私は、注目に値するような成果も残せていない自分が情けないので転職という選択肢に向き合えずにいました。

 

辞めたいと思った理由は、いろいろありますが一番は体育会系な会社のルールがちょっと変で、合わないなと思ったからです。

 

古き良き昭和カラーの会でした。。愛はあれどパワハラもどきな厳しいところもあり、先輩へのマナーや話し方にとっても気を使い、上司は平気で部下を人前で叱ってました。また昭和カラーとあって仕事が何かと非効率。そんな働き方でどうしても腑に落ちない、理解できないな〜というものがありました。

 

そして、徐々に周りに転職した友人ができ、話を聞いていると、どうも他の会社の方が自分にあっているかもしれないと思うようになりました。

 

振り返るとHSPの私にとって、こんなことがストレスでした。

・斜め前に時々人に怒り散らしてブチ切れる怖い先輩がいた

・50歳以上の威張ったおじさんと仕事することが多くて疲れる

・毎週のように上司と振り返りの時間があり、仕事でのミスをなぜなぜで自省

・飲みの誘いが頻繁にあり、先輩がいると基本断りNG

 

HSPの傾向にあるように、自分も自責傾向が強く、会社が自分にベクトルを向ける色が強(Rルートみたいな感じ)かったのでその癖が強烈につき、なんでもかんでも自分が悪い、自分の力不足だ、と考える癖がついてしまいました。

 

今考えると明らかにやりすぎ、自分を責めすぎでしたし当時も本当に精神疲れていました。。半分鬱みたいになってたかも。

 

また、結構年上のベテラン社員さんが結構多く、上下関係は厳しいのでめちゃめちゃ気を使いました。威張る人もたくさんいたし、そういう人に対して自分はさらに気を使ってしまうことも多く、(本当はペコペコするの嫌いなのに)自然体の自分で働ける時間が本当になかったなと思います。

 

ただ、当時会社が嫌いな訳ではなく、むしろ愛着もあったし、人間関係も悪くはなかったです。加えて、転職して何かコレがやりたい!っていうものが特別あるわけでもなかった。

 

いろいろ悩んだ末、部署異動のタイミングで、転職を決意しました。

 世間一般からすると、中途半端で環境から逃げるだけの転職って見られますよね、きっと…。

 

HSPである私は自責傾向が強く、当時は大した結果も残さず3年半で辞めるなんてホントにかっこ悪いなぁ自分。ここで辞めたら、次の会社でもまた環境のせいにして辞めるんじゃないか?とぐるぐる考えていました。

 

冒頭にも書きましたが、辞めるとき、いろいろ相談もしていた仲の良かった同期には、最後には結局逃げてるだけだ!と言われて傷つきました(ガラスのハートですw)

 

それでも、3社を経験して今は、自分には環境がめちゃくちゃ大事だということに気づき、あのとき転職して良かったと思っています。

 

HSPにとって環境が大事っていうのはみなさん聞いたことがあるかもしれません。

HSPである私の特徴として、このようなものがあります。

・周り(相手)をよく観察して、周り(相手)のテンションに合わせようとする

・人の感情と自分の境界線を引けず、相手の負の感情をそのまま受け止めてしまう

・自分の気持ちに蓋をして、相手の期待に答えようと一生懸命になりすぎる

 

今では、自己理解して少しだけコントロールできるようになりましたが、当時HSPすら知らなかった私はこれらの特徴が強くあり、体育会系で常に誰かが怒られているような環境、上司部下の関係が濃く、厳しく、飲み会が多い会社は、とにかく刺激が多すぎました。(笑)

 

まぁ、HSS型なのでそれが心地よくもあったのかもしれませんが。

 

そして今はwebマーケ業界のベンチャーで働いているわけですが、本当に居心地が良い。なぜだろうと考えてみると、

・上司やチームメンバーとの距離が程よい。強制的な飲み会も無ければミスを突かれることもなく、一人一人がとにかく独立してて大人。

・オフィスはめちゃくちゃ開放感があり、オシャレで落ち着く。誰かが怒られているのを聞いたことはない。

・平均年齢は30前半。同年代がほとんどでコミュニケーションも早く、無駄がない。根性論とか語る人は見たことがない。

 

今こんな環境だから、仕事でもリラックスして取り組めたり、変に先輩に気を使うこともない。

 

自分の仕事の時間もプライベートも、好きなように使うことができる。頑張りたいときは頑張って、頑張りたくないときは頑張らない。

 

そんな働き方ができるんです。これって自分にとってすごく大切な環境だなぁと思います。

 

こんな環境を作ってくれている会社、社長に感謝です。

 

そんな感じで

お疲れ様です( ´ ` )

 

 

 

最後まで心を開けなかった上司について

f:id:sumsumsummer:20200905211920j:plain

こんにちは〜クレアです(^v^)

 

 今日は上司について書きたいと思います!

 

皆さんの上司はどんな人ですか?相性は良いですか?

 

私は社会人になってから、合計3社で5人の上司を経験していますが、良い上司に当たることって本当に難しい…。今の上司が一番、まともかもしれない。

 

上司との関係性って、仕事において多分一番自分のモチベに関わる大事なことだと思います。

 

歴代上司についての記事はまた別にまとめたいと思いますが、ここでは、前職で「最後まで心を開けなかった上司」について書きたいと思います。

 

※出来るだけ、愚痴にならないように事実として書いています。ここにまとめた理由は、マネージャーをやっている人へのメッセージと、自分がいつかそうなった時に部下だった時の気持ちを忘れないためです。 

 

はじめに:上司とわたしの役割

上司は課長、わたしはただの担当(ヒラ)でした。年の差は15歳くらい。中途で入った私が1年務めた期間、最初から最後までその上司と一緒に仕事をしました。

 

職務はアカウント営業。顧客への提案、契約受注、問い合わせ対応などです。

 

元々上司が持っていた顧客を一緒に担当して、少しずつ引き継ぎさせてもらいました。

入社後、上司兼メンター的な感じで業務を1から教えてもらい、社内用語や組織構造を説明してもらったり、関係者への紹介などもやってくれました。

良いところもあった

上司はいつも落ち着いていて優しい性格で、社内の歴も長く人望も厚い人でした。

 

自分から質問すればどんなに忙しくても、その場でちゃんと教えてくれたのは有り難かったなぁ。経験も豊富で何でも知っていました。

 

ただ、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。

 

経験があって、人脈もあって、信頼されている。こう書くととても良い上司のようにも見えますが、一緒に仕事をしていていろいろと違和感もありました。

育てようとしない

上司が人に注意したり、フィードバックしているところを見たことがありません。私は社内でも一番下の方だったのですが、自分にちゃんと勤まるかわからずも、教えてもらった仕事を一生懸命やりました。基本的に私は慎重派で、仕事においては細かく確認しながらやっていたし、大きなミスをしたことはなかったのですが、

それでも自分がやっていることやパフォーマンスが上司の「期待以上」なのか、それ以下なのか、わかりませんでした。

 

自分への評価や期待されていることがわからないと、辛いものです。

 

仕事への姿勢だったり、段取りだったり、スピードだったり。いろいろ気づけるところはあると思うのですが、結構放任されていたなぁ、という感じ。パフォーマンスに関するフィードバックは日常的には一切なかった。半期に1回の目標面談の時には決まりだからやっていたけど。

 

なので、時々自分で振り返りをして、覚えられた業務、自分で考えて行動した結果成功したこと、逆にうまくできなかったことを認識していくようにするしかありませんでした。

 

前々職では日頃上司が部下の成長のために期待することを言葉でしっかり伝えられていたし、何かある毎に指導やOJTをしたり、どんなキャリアを目指しているのかも良く話し合って共有していたので、余計に比較してしまって私はどうしたらいいんだろう?って思いました。

 

振り返ると、社内が全体的にそういう職場だったので、上司だけでなく、職場として人を育てるという意識が薄い職場だったみたいです。

 

断れない性格

上司は社歴が長いこともあって、本業以外の管理部門、人事系などいろいろなプロジェクトに参画していました。それ自体は良いことだと思いますが、いろいろ抱えすぎて正直業務が回っていませんでした。

 

なぜそんなに忙しいのか?優秀な人ほど忙しいと言いますが、どうもそうではないと思いました。だって仕事が回っていないから。顧客への契約に関する対応が遅れたり、催促やアラートがきていることもよくありました。

 

観察してみると、その上司は断れない性格なようです。社内で相談を持ちかけられると必ず応じていたし、社内のミーティングは毎日ギチギチに入っていてスケジュール管理が出来ていないようでした…。

 

常に会議で忙しい

上にも書いた通り、上司はほぼ毎日ミーティングがいくつも入っているたので、落ち着いて業務相談をする時間がなくなります。質問したい時はスケジュールに毎週1on1として1時間予約させてもらっていましたが、1週間のうちの1時間だけもらってももちろん自分の仕事は回らない。

 

相談事項は毎日出てきます。でも上司は会議中だから込み入った話だとチャットでも難しいのでどうしても定時後の相談になります。残業なるべくしたくない自分には結構これがストレスでした。

 

自分が管理職になった(そんな日がくるのかわかりませんが)ら、日中でもしっかり部下の相談を受けられるくらいの余裕を持っていたいです。

 

何を考えているのかわからない!

上司は「いい人」ではあったのですが、喜怒哀楽を表現しない人でした。

取引先との付き合いだったらわかるのですが、同じチームの部下にもそんな感じ。

からしたら、コミュニケーション取ろうと思っても手応えが全くなかったです。入社してから半年くらいは距離を縮めたいと思っていろいろ話を振りました。

 

でも毎回会話がいまいち盛り上がりません。そしてチームでランチへ行った時でも上司は話をほとんど振りません。3人、4人でご飯に行った時は私かもう一人の部下からボールを投げるけど、一言で会話終了。みたいなことばかりでした。

 

ランチ一緒に行く意味!!!( i _ i )

 

部下に気を使わせる上司って、どうなんでしょう?

 

まとめ:上司の人間的魅力が大事だ

いろいろと書きましたが、この上司、多分一番の問題は、何を考えているのかわからない=人間味が感じられなかったことだったのかなと思います。

 

どんなに仕事ができても、業務に詳しくて頼れる上司だとしても、私個人的には人間的な魅力が感じられないとやっぱりモチベは下がるなと。

 

タイトルにもありますが、この上司には、最後まで心を開けなかった。心を開ける上司ってどんな人でしょうか?

 

私は上司としてしっかり部下と向き合いつつ自分の弱さもさらけ出し、時には部下を頼れることだったり、自分のビジョンを語れるような人かなと思います。 

 

おっと、昔の上司のことで3000文字以上も書いてしまったw

 

 

  でわ、お疲れ様です( ´ ` )

 

 

(八方美人)生理的に無理な人に好かれてしまうのだが

f:id:sumsumsummer:20200831124509j:plain

こんにちは~クレアです♪

タイトル通り、私は八方美人と自覚しています!

なりたくてそうなっているわけではないんだが、性格上、断るのが苦手だったり空気を読まなきゃって無意識に感じてしまって、言いたいことを言えなくなることがよくあります。

HSPであることも、関係しているかもしれません。
sumsumsummer.hatenablog.com


八方美人って、世間一般的にどうなんですか?印象悪いですか?

いい面、悪い面もちろんあるけど、今日は悩んでいることについて書きたいと思います。

なぜ八方美人になるのか

八方美人になってしまうメカニズム(わたしの場合)
相手のことを傷つけたくないという気持ちと、空気読まなきゃという意識です。

断れない性格もやはり、傷つけたくない、空気読まなきゃという気持ちからです。
嫌われたくないという意識なのでしょうか。う〜んわかりません。でも根底にはそんな意識があります。

あとは、自分に自信がない。自分の発言に責任を取るって言ったら大げさだけど、こんなこと言ったら人としてどうなんだろう?っていちいち考えてしまって言い出せない。結果、同調してしまうっていう流れになるんです。


〜なんらかのお誘いや、仕事の依頼があった時〜
断りたい時、少しでも害のない言い方にしたいのです。嫌いであっても、嫌いであることを伝える必要はないと思うのです。

タイミングが合わなかった〜とか、如何にもこうにも忙しくて〜とか、って言って断るけど、プラスして「いきたかった〜」とか、「また、次回いきましょう!」とか、いらん言葉を添えてしまう。これを止めたい。

相手からしたら、あぁ、残念がってるやん。また次誘ってあげよ。ってなりますよね。自分でこれ書いてて思いました。。反省。


〜友達から、興味のないイベントに誘われた時〜
これも、少しでも興味あるフリしなきゃって思っちゃいます。

親友とか気がおけない仲であれば大丈夫だけど、出会ってまだ浅い友達とかだと何でもかんでもいいね〜、面白そう〜、今度行こう〜とか行ってしまう。軽い。それであとあと、困る、という経験が数多くあります。

最近では少し学習したので、その場ではノリ合わせていいね!とか言うけど後から予定が合わなかった〜と早めに伝えて逃げますw
私そういうの興味ないんだよね〜とかズバッと言ってみたいなぁ。



八方美人であることのメリット

・言うまでもないですが、女性からも男性からもモテます。
・人当たりが良いねとかよく言われます。人付き合いがうまいとか。友達が多いねとか。
・環境や人に流されやすいという反面、場に適応しやすいと思います。人の良いところを見るのが得意だから。


八方美人であることのデメリット

・何にでも良いねと言ってしまうと、自分が何者かを分かられにくいです。
・思わせぶりだと言われる(実際言われたことはないけど、思われてると思う)
・気のない男からも誘われる。生理的に無理な人とも縁が切れない。断るのが一苦労。まじで厄介w

ついこの前の出来事ですが、一緒に仕事してたけど、生理的に無理な先輩がいます。
その人とは最初の方、何度かご飯に行ったり他の人と一緒に遊びに行ったこともあり、側から見たら仲良しみたいな感じでした。

でも、仕事で一緒にやっているうちにその人のある性格が結構めんどくさくて、もう生理的に無理、ってなりました。

最初の方に仲よさげにしてたのが悪かったですね。。

その人からしたら、私は部下だし一緒に飲みにも行っている仲。私は距離をおこうと頑張っていましたが向こうから結構連絡がきたりご飯の誘いがあったりしました。本当に嫌いだったので断るんですが、一緒に仕事もしているし先輩だしってことで失礼なことは言えないから、ちょっと今日は用事が〜とか言って断ってました。

こういう時、嫌いな人と自然に離れられる方法ってあるのでしょうか。

私の場合は自分からの連絡は極力しない、仕事で必要があるなら電話じゃなくメールで、しかも淡白な感じでって感じでやってました。
でも本当にその人が無理だったので、電話かかってくるだけでも気分が悪くなったり、超絶テンション下がってましたw

八方美人からの脱却

そろそろ、相手を気遣いつつもしっかり自分の意見を伝えられる女性になりたいなと思います。

これって、性格とか気質なのですぐに変わるのって難しいと思いますが、少しずつでもしっかり自分の感情を表現したり、思い切って空気を読まない一言を言ってみることもやっていきたい。

いろいろ調べた結果、まずはテクニックの話ではあるけどアサーションを勉強するのが良いのかなと思っています。

いくつか本を読んでみて、気づきや学びがあったらまた記事にしてみたいと思います☆




  でわ、お疲れ様です( ´ ▽ ` )ノ

29歳、HSPであることがわかって、いろいろ自分を理解した件

f:id:sumsumsummer:20200831100613j:plain

 

クレアです♪

 

突然ですが、HSP(Highly Sensitive Person)って知っていますか?

一言でいうと、人一倍繊細・敏感な感性の持ち主のことです。人口の20%もいるそうです。

私はHSS型HSPです。

 

2019年の夏、度々目にしていた「繊細さんの本」という本を読んで、自分結構当てはまるな〜と思い、ネットの診断をいくつか受けてみたら、HSP(中度)であることがわかりました。

 

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

  • 作者:武田友紀
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

HSPの特徴は、

・人への共感力が高い

・外からの刺激を受けやすい

・聴覚や嗅覚や視覚が人一倍敏感

 

さらに細かく書くと、私の場合、こんな気質があります。

 

・人からの言動にとても影響を受け、考え込む。人間関係の気疲れがものすごい

・周囲の人の負の感情に反応して、ダメージを受けやすい。(イライラしてたり怒ってる人、怒られてる人をみると自分まで気分が悪くなる)

・物事を深く、深刻に考える傾向がある。クヨクヨ悩み、自責傾向がある。

・怖いもの、グロいものが大の苦手。映画とかで見ちゃうと精神的ショックを受ける。

・大きな音(改造マフラーとか、電車の音)が大嫌い。

・雑音程度でも話し声がしていると仕事が手につかない

・カフェイン取るとすぐお腹が痛くなる

                ……など。

 

全ては書きませんが、こんな感じで、普通に生活している、会社組織に所属しているだけでも結構疲れます。

 

子供時代から、恥ずかしがり屋と言われたり、本当は目立ちたいけど自己表現がうまくできずにずっとコンプレックスでした。友達と同じテンションで、同じ話で盛り上がれないことも多く、そういう時は不安になるので、グループ行動が苦手で、避けてきました。

 

そのくせ寂しがりやで、人と群れられない自分はおかしいのではないかと長年悩んできました。

 

周囲からは、真面目、ネガティブ、繊細、気遣い上手などと言われてきました。

 

そんな中、HSPという概念を知り、とても救われたような気持ちになりました。

自分を客観的に説明してくれるものがあったとは。

 

また少し後になってからHSPにはタイプがあり、HSS型というものに自分がすごく近いことを知ったのでした。

 

HSS型HSPとは、簡単にいうと、好奇心旺盛で刺激を求める性格のくせにHSPなのでとても刺激に敏感で疲れやすい人。

 

新しいものが好きで、好奇心旺盛。イベント事とか、飲み会とか、人とワイワイやるのが好きです。なのに、実際行くとめっちゃ疲れて、げっそりして帰るっていうw

 

私の場合、アウトドア、飲み会とか、フェスとか大好きです。

HSS型の人は、アクセルとブレーキを同時に踏んじゃうとか言われます。

困った気質ですよね(笑)

 

でも今は、そういう自分なんだ、って事がわかったのが本当に嬉しいというか、ホッとしたというか。今までのモヤモヤが晴れて、客観的に、自分を受け入れられました。

 

HSPを見つけてくれたアーロン博士には感謝しかないです。(笑)

自分のように、救われた人がたくさんいると思う。

 

HSPであると、仕事でもプライベートでも些細なことで悩みます。マイルドなHSP、100%なHSP、人により程度はあれど、私は中度のHSPなので、今後もHSPについて記事を書いていきたいと思います。

 

  でわ、お疲れ様です( ´ ` )

私がコロナ渦で転職をした理由

f:id:sumsumsummer:20200828091235j:plain

こんにちは〜クレアです♪

 

 

2020夏、コロナ渦の中、転職をしました。

前職は、法人向け人材教育の会社で営業をしていました。

 

世間的にもコロナ転職って話題になっていますね。経験者としてよくわかります。

 Yahooニュースでも、取り上げられてました↓

揺れるコロナ入社の若手、増える転職活動・退社するホンネ

 

 

コロナ転職の理由って、いろいろあると思うんですけど、

これらが主な要因だと思います。

・会社でのコミュニケーションが減り、人間関係が希薄化

・もともと不満や違和感があった仕事内容について、より考える

・自分のキャリアについて考える時間が出来る

・会社のコロナ対応に違和感

 

上の記事でも、自分の体験でもだいたいこのどれかに当てはまっています。

 

私がなぜ、コロナ渦という不安定な中で転職をしたのかというと、

経緯を簡単にまとめるとこんな感じです。

 

コロナによる契約減からの仕事減。

     ↓

仕事内容を見つめ直し、ほとんどが事務作業である事に危機感を覚えた

     &

元々会社に対しては違和感を感じていた。

     ↓

コロナ対応(リモートワーク切り替え、リモート会議など)を見てもやっぱりダメだと思ってしまった

     ↓

転職を決意

 

***

詳しくは下に書きます。。

 

1. コロナによる契約減からの仕事減。

前職は社員教育を売っている会社だったので、コロナで集合研修は軒並みキャンセル・延期になりました。2月から徐々に研修キャンセルが増えていき、3月になると予定していた研修が全てキャンセルです。

 

3月~4月はまじで暇になりました。在宅勤務に移行して始めはやる事もなくてしんどかった。。

 

仕事が暇になると、いろいろ考えたり本を読んだりしました。私は堀江貴文の本が好きで、「多動力」を読んで転職を決意。4月に入って転職活動を始めました。

 

 

2. 仕事内容を見つめ直し、誰でも出来る事務作業が多いことに危機感を覚えた

何にピンときたかというと、自分以外の人でも出来る作業が多すぎたっていうので自分の価値出せてないな、と思ったのと、仕事内容的に、それなりに力はつくかもしれないけど、他社でも通用する人材にはなれないだろうと思ったこと。

 

 

3. 元々会社に対しては違和感を感じていた

転職して半年以上経っていましたが、正直この転職はミスマッチだったのかなと思う事が多かったです。何せ自分と同じ性格やコミュニケーションスタイルの人が少なすぎました。

 

私は新卒で体育会系の中小企業でバリバリ営業やっており、結論から話す、チームで仕事をして助け合う、数字には厳しい、互いに関心を持ち常にフィードバックしあうといった風土の会社で育ちました。

 

そこからの転職した前職は、大手ホワイト企業だったのですが、IT系で業務は縦割り、属人化されていて、お互いにどんな仕事をしているのかも全然わからない、同じ部の人間であってもまず顔を合わせて会話する機会が皆無。接点もないし互いに関心を持たない、という感じでした。それから、平均年齢も高く、自分の入った部署に年の近い先輩はいませんでした。

 

飲み会大好き、人との付き合いを持ちたい私にはとっても物足りない環境だったのです。この他にもたくさんの違和感はありましたが、一番はこれかな。

 

4. コロナ対応を見てもやっぱりダメだと思ってしまった

コロナ渦ではオンラインが推進されていくわけですが、ここは変化にいかに対応していけるか、いざという時に強い企業と弱い企業が分かれます。

 

リモートワークには割と早い段階から移行していったので良かったのですが、社内ネットワークの問題が大きく(IT企業のくせに)、いつまでもビデオ会議が使えませんでした。ほぼ電話とか音声と画面共有だけの会議でしたね。

 

オンライン教育の普及に伴って集合研修のオンライン化を企画することも多かったですが、リスクを気にしてなかなか意思決定しない、決めるよりも時期をずらす、そういうことばかりで。

 

そんなこんなで

転職を決意

という感じです。

 

5. 最後に

転職活動を始めた時は不安がなかったわけではないけど、コロナ渦でもそこまで苦労はしませんでした。もちろんたくさん書類選考に応募したしたくさん落ちました。でも求人数は決して少ないとは思いませんでした。

 

転職活動では最初から最後までオンライン面接でした。一回も代表と合わず、オフィスを訪問する事もなく決めるというのも不思議でした(笑)

でも今はいい会社に出会えて、ここに入ってよかったと思ってます♪

 

 

  でわ、お疲れ様です( ´ ` )

30代を目前にコンプレックスだった顔のホクロを取りに行ってきた2020夏(施術編)

f:id:sumsumsummer:20200826034431j:plain

 

こんにちは〜クレアです♡

 

今回の記事はキャリアではないのですが…

2020年夏、長年のコンプレックスだった9つの顔のホクロ切除をしてきました。

個人的にはちょうど転職の時期だったのと、在宅勤務であまり人と会わない時期ということもあり、(会ってもマスクつけてるし)いいタイミングだったので思い切って予約を入れました!

 

人生初の顔面手術(?)ということもあって、いろいろ悩んだし、情報集めに苦労したので、自分の経験をなるべく詳しく綴ります。

他の人にも参考になればと思います(^ω^)

 

 

美容外科について

今回自分が思い立ったきっかけでもあるこの動画、自分と同年代のYoutuber(あゆたび)がホクロ除去の紹介をしていたのを見て、TCBにしました。

www.youtube.com

aoki-tsuyoshi.com

 

メニューについて

事前に情報を調べたり価格表を見ていたので、1つ5,100円で出来るレーザー治療でいけるかな?と思ってました。ネットでもレーザー治療ってよく目にしていたので、割とポピュラーな治療法なんだろうなと思いカウンセリングを受けてみたら、レーザー治療だと完全に取り除くのは難しく、数ヶ月後にまたホクロができてしまうそうで、その度に治療を受ける必要が出てくるとのこと。まじかw サイトだとわからなかった。

 

しかもこの価格表の金額に加えて、それぞれ施術時の麻酔代2,750円もかかるという。まじかw

 

(はっ?書けよ!て思ったけど、よく考えたらどこの美容外科を選ぶかって価格勝負な面も多いだろうし、他のサイトでもだいたい同じような価格表示。だからしょうがないんでしょうか。)

 

で、下の電気メスによるくり抜き治療というのを勧められました。1ミリ1万円…

 

f:id:sumsumsummer:20200826021328j:plain

電気メス治療(引用 https://aoki-tsuyoshi.com/opinfo/hokuro/hokuro)2020/08/25 時点

 

私は顔にホクロが多く、頬と口周りだけでも1~2mmサイズのものが10個ほどありました。すぐに払えるお金もそんなにないし、どうしよう。。

と悩んでいたら、

f:id:sumsumsummer:20200826021107j:plain

価格表(引用 https://aoki-tsuyoshi.com/opinfo/hokuro/hokuro)2020/08/25 時点

 

価格について 

モニターになるとまけてくれて、直径の合計が15mmまで◯万円で良い、とのことだったので、モニターになって9つのホクロをとることにしました。支払いはローンで。。

(価格気になる方は連絡ください〜)

 

施術について

当日かかった時間はトータル4時間。長いしめっちゃ疲れた。

受付して、カウンセリングして、メニューを決めて、支払いを済ませ、施術の流れでした。

 

化粧はとらず、そのまま施術室に入って、ホクロの部分にマーカーで印をつけて、そこだけ消毒してもらいます。

 

ちょっとびっくりしたのは、リラックス麻酔というので笑気ガスを鼻から吸うようにチューブをつけられました。これまであまり大きな病気をしたことがなかった私にはガチの手術みたいな雰囲気だったので、怖かったぁ。。

 

しばらく吸っていると、意識がゆったりして、体の力が抜けて、アルコールを摂取したときのような感覚になります。

 

全身がリラックスしたら、次は各ホクロに麻酔注射を打ちました。まぁまぁ痛かったです!感覚ですが針で結構奥まで刺されました。グゥ!!!と気合いを入れました。。

 

麻酔を刺して、効いてくるまで時間がかかると思うのですが、担当した先生は注射後、30秒くらいですぐにレーザーを使い始め、ぶっちゃけ結構痛かったし細胞が焼かれてる感覚がしっかりありましたw 焦げ臭い匂いもしたし、心臓に悪かった(泣)

 

結構歳いってそうな女性の先生だったけど、正直運悪かったかも。横浜院行かれる方は、若い(30〜40代くらいまでの)先生にお願いした方が良いかもです。それか男性。知らんけど。

 

痛いですって言った後は、麻酔を追加注射してもらいましたが。

9つのホクロを切除し、施術自体は30分ちょっとだったかな。手術室に入ってから出るまでは1時間くらいでした。

 

施術後(ダウンタイム)について

当日

施術後、すぐに傷にパッチ(テープ)を貼って、マスクをして帰りましたが、帰宅後、マスクを外したら、裏に出血と黄色い液(浸出液というらしい)がついててびっくりしました。出血とか液ってすぐには止まらないんですね…

 

私は1~2mmくらいのホクロだけだったのですが、もっと大きいホクロ切除した人は出血が止まらなかったりするらしいので、良い方なのかな。

 

洗顔とシャワーはパッチを貼った上からしました。痛いの嫌だし怖かったけどそこまで染みなかった〜

 

術後1日目

次の日の朝、交換してくださいとのことだったのですが、パッチがしっかり貼られていて剥がすのが怖すぎてこの日は交換しませんでした。←

 

でももともとカウンセリングで一回貼ったら張り替えなくても良いって聞いてたし、ネットの記事でも剥がれるまでは交換不要っていう説明も多く、毎日の交換はやりすぎなようです。

 

この日は久々の出勤だったので、マスクをつけていきました。浸出液は終日止まらず、1~2時間ごとにティッシュで拭き取りました。

 

不便だったのは、笑ったりご飯を食べる時に少しでも口を開けようとすると、固まった傷口が開いてしまって液がまた出てくる。幸い痛みはない。1口が小さくなるので食べられるものが制限されます。(麺すすってた)

 

術後2日目

この日は朝に洗顔後、傷口に処方してもらった薬を塗って、パッチを交換しました。

初めて傷口みて、痛々しかった(泣)

 

あと、傷口で1箇所黒いところがあって、もしやホクロの取り残しか!?と思って不安です。皮膚の焦げの可能性もあるし、ゴミかもしれないけど、これは経過観察していくしかないのでしばらく様子を見てみます。

 

浸出液はだいぶ固まって、1日目よりも染み出しがだいぶ少なくなりました。夜にはほぼ止まった。

 

 感想と教訓

☆今回利用したTCBさんは実績も豊富で有名なところですが、サイトのメニュー説明で惑わされてしまいました。利用者を誘導している感があり、もっと改善できるのでは?と思います。(結果よければ全て良し、なので今後のケアを大切にします)

 

☆女医さん?によるカウンセリングはあったけど、やはり商売。1から10まで説明してくれるとは限らない。わからないこと聞きたいことは食い下がって何度も聞いた方が良いです。高額だし、顔の治療なので。。

 

☆その上で、納得して受けることが大事です!(女医さん?の説明だけでは物足りなかったので10分くださいって言ってその場でググって納得した。)

 

最後に

顔にメスを入れる、傷が出来るっていうのって、初めてだったと思います。(傷はもちろん治りますが)

なので、精神的なダメージが思ったよりありました…

スケジュール的にはもちろんですが、気持ちにも余裕のある時に行うことをおすすめします!

 

いずれ、施術前後のビフォーアフターと経過を載せていきたいと思います!

 

  でわ、お疲れ様です( ´ ` )